【横浜市鶴見区で居抜き売却】ロードサイドの居抜き売却におけるポイント

居抜きに関すること

飲食店が出店する代表的なエリアとしては、駅前や繁華街、オフィス街などが挙げられます。
また主要な幹線道路、バイパスなどの沿線であるロードサイドも出店が多いエリアであり、居抜き売買も頻繁に行われています。
今回は、ロードサイドの居抜き売却におけるポイントについて解説します。

ロードサイドの居抜き売却におけるポイント6選

ロードサイドの居抜き物件を売却する場合は、以下のポイントを押さえることが大切です。

・賃料が安い点をアピールする
・競合店の状況を伝える
・車の入りやすさをアピールする
・視認性の高い看板を設置する
・設備を充実させる
・立地のメリットを伝える

各項目について詳しく説明します。

賃料が安い点をアピールする

ロードサイドの居抜き売却では、物件の賃料が安い点をアピールしなければいけません。

ロードサイドは都市部と郊外をつなぐ立地であるため、比較的居抜き開業における初期費用や毎月の賃料は抑えられます。
また、毎月の支出を抑えられる分、利益率も高く設定できます。

居抜き開業を行う方は、少しでもイニシャルコストやランニングコストを減らし、早く経営を軌道に乗せたいと考えます。
そのため、賃料が安いという点については、必ず購入希望者に伝えなければいけません。

競合店の状況を伝える

ロードサイドの居抜き売却を行う場合は、そのエリアにおける競合店の状況も伝えるべきです。

例えばラーメン屋の開業を目指す方に店舗を売却する場合、商圏内にラーメン屋が何店舗あるのかといった情報を伝えます。
特に競合店が少ない場合は、それが購入希望者にとって大きなメリットになるため、忘れずにアピールしましょう。

ロードサイドには、多くの飲食店が軒を連ねるという特徴があります。
こちらの中には大手飲食チェーンの店舗も多く、当然店舗数が多いほど新規開店の店舗は不利になります。

そのため、競合店が少ないという特徴は、居抜き売却をするにあたっての大きな武器になります。

車の入りやすさをアピールする

ロードサイドの居抜き売却では、駐車場における車の入りやすさもアピールすることをおすすめします。
具体的には、駐車場の広さや台数、入出庫のしやすさをアピールしましょう。

ロードサイドの飲食店は、車での来店がメインになるため、これらのポイントが押さえられている物件は買い手がつきやすいです。

また、より駐車場付近のメリットを伝えたいのであれば、売主自身が一度店舗周辺を車で走行してみましょう。
こうすることで、今まで見えなかったアピールポイントが見えてくる可能性があります。

視認性の高い看板を設置する

ロードサイドの物件を居抜き売却する場合、視認性の高い看板を設置することで、購入希望者にとっては魅力的に映ります。

ロードサイドの場合、新規の顧客を取り入れるには、車で走行していても視認しやすい店舗にしなければいけません。
徒歩などとは違い、店舗を見つけたからといって急には止まれないからです。

また駐車場が店舗の奥にある場合、駐車場の位置をアピールできる看板を設置することで、顧客を誘い込みやすくなります。
反対に駐車場が店舗の手前にある場合は、どのような店舗なのか、店内のイメージがわかるような看板を設置すると効果的です。

これらの看板については、一から設置するとコストがかかりますが、居抜き物件の場合はそのまま利用できます。
そのため、売主は居抜き売却を行う前に設置しておくことをおすすめします。

設備を充実させる

こちらはロードサイドだけに限ったことではありませんが、設備を充実させることも居抜き売却においては重要なことです。

具体的には厨房設備や各種什器、消耗品、テーブルやイスなどを充実させておくことで、買い手はつきやすくなります。

特にロードサイドの物件は、一般的な路面店などと比べて店舗面積が広いです。
そのため、開業するにはより多くの設備が必要であり、コストもかかりやすくなります。

もしこのような物件で、十分な設備が最初から用意されていれば、購入希望者は大幅にコストを削減できるため、成約の確率はアップします。

立地のメリットを伝える

ロードサイドの居抜き売却を行う場合は、立地そのもののメリットも十分に伝えるべきです。

ロードサイドには、幅広いターゲット層を狙えるというメリットがあります。
集客数が通勤や通学時間に左右される駅前などに比べると、出勤前の早朝から残業終わりの深夜まで、営業時間を長く設定できます。

また生活道路の周辺にはファミリー層が居住しているため、若者から高齢の方までターゲットにできます。

これらのメリットを購入希望者に伝えることも、売主にとって大事なことです。

まとめ

ロードサイド店舗は居抜き売買が多く行われていますが、必ずしも居抜き売却に有利だというわけではありません。
店舗状況や周囲の環境によっては、なかなか買い手が見つからずに苦戦することも考えられます。
そのため、将来的に居抜き売却を考えているのであれば、早めに買い手に好まれるような店舗をつくり上げておくべきです。

タイトルとURLをコピーしました